ブラックの情報はどこから出る?クレジットカードの審査で行われていること

クレジットカードは、必ず申し込み書類を記入をしなくてはいけません。
クレジットのカードの審査では、返済能力であったり延滞をする事がない人なのかや資産はどうなのかで判断をしています。
お金を多く持っていたとしても、延滞履歴があったり安定をしている収入がなければ審査には通りにくくなってしまうのです。
クレジットカードの審査で、すごく重要になってくるのはブラックリストへのっているのかどうかとなります。
ブラックリストへのっていると言う事は、過去に延滞を繰り返した事があったり自己破産をした事がありますと信用情報に事故情報として記録をされてしまっています。
信用情報に記録が残ったままでクレジットカードへ申し込みをしたとしても、審査に通らなくて落とされてしまう事が多いです。
信用情報では、延滞などの情報ならば五年間は記録をされてしまっています。
過去に五年間に支払いを延滞を繰り返していたりすると、必ずクレジットカード会社は審査の時に信用情報センターへ照会を行いますので五年間の履歴がなくなってから申し込むようにするのがいいでしょう。
しかし、気をつけなければいけないのは申し込みをすれば情報は六ヶ月は記録をされている事とローンの返済の後に一年間は記録が残っていますので申し込む際はこの事を考えて行う事がいいでしょう。
参考:クレジットカード審査通過の救世主